カテゴリー: スウェーデンのクロスステッチ

クリスマスカレンダーについての呟き

 糸の赤い色がきれいなせいか、気持ちよく刺せてます。

ただ、問題が1つ。作品の写真がチャート通りじゃないのです。うむぅ、悩みどころだ~。(ー”ー;)

確かヤマナシヘムスロイドのブログにその記述があったなあと覗きに行きましたところ・・・。


1972年の受胎告知の作品。実は最初に気になったのがこの天使のまなざしでした。
このまなざしについては好みの分かれるところでしょうが、手描きのチャートもデータの
チャートも目はクロスひとつ。作品写真が間違いなのですが、作品のほうのまなざしも
結構魅力的。刺した人の好みなのかもしれません。

(ヤマナシヘムスロイドBlogより抜粋)


 そっか~、好みなんですね。

じゃあどっちにしようかな。

写真の方がいい感じに見えるなぁ。

などと考えながら読み進めていたら。


山梨センセ曰く、「デザイナーの手描きのチャートに戻りなさい。
チャートには、デザイナーの意図がすべて含まれます。」

(ヤマナシヘムスロイドBlogより抜粋)


 え、作家の意図?う、うむぅ~。(ー”ー;)

余計悩んでしまいました。

だけどいつでも「ま、いっか精神」で来た私。(どんな精神なんだか・笑)

好きな方を選択すると思います。


 ※ ヤマナシヘムスロイドの該当記事はコチラ。 → 《赤糸刺繍の本の裏話》