小心者の自分を反省 ○j乙

《今回は自分自身の反省の話です》

先日届いたフレメのキットの不足分の糸について問い合わせた件ですが、

10日経ってもなかなか返事が来ませんでした。

普通なら催促します。でも、私の場合、

『年末で忙しいんだろうな…。“Happy Price”が週2回もあるし、余計に忙しいんだろうな…。』

・・・・・・・・・。

なんでしょ、この遠慮がちな姿勢は?

でも、これが私なのです。どうしよう、どうしよう?とウロウロウロ。

いつまでもこれじゃイカンので、私は客なのだ!と、気持ちを奮い立たせて催促の連絡をしました。

そして3日後、やっと連絡が来まして、糸を送ってくださるとの返事をいただきました。

うわ~~~、良かった~~~、刺せる~~~~!o(T◇T)o

ビクビクしちゃいけませんね。

遠慮なんてしてちゃいけませんね。

いつもそう思うのですが、いつも躊躇してしまいます。小心者の自分が情けないです。

STITCH HOUSEさんは誠実な対応をしてくださるので、催促しようと思えるのですが、

そうじゃないお店に行き当たった場合、私はきっと泣き寝入りしてしまうと思います。

もうちょっと強くなけりゃイカンのだ。

 

と、自分に渇を入れたところで、おしまい。

次はキットを刺し始めたころにUPできるといいのですが。