半年ぶり

前回の記事が6月18日ということで、ほぼ半年ぶりの更新になってしまいました。

私は元気です。

ブログを置かせていただいてるサーバの更新も済みました。

こんな拙いブログですが、まだまだ続けていく気でいます。

再開に先立って、まず何をやったかというと、模様替え。

12月だからクリスマスっぽくしてみたり?わはは。

 

《半年の間に…》

色々買いました(笑)

クロスステッチ図案、補充用の刺繍糸、毛糸もたくさん…(-_-;)

あ、そうそう。

手作りアクセサリーにチャレンジしてみました。

100円ショップに天然石があったので、これで何か作ってみようって思い立ちまして。

20代の頃に耳にピアス穴を開けたので、作ったのはピアス。

出来たのは単純だけど、自分はすごく満足で。

それからネットショップを漁って、訳あり天然石セットがめっちゃ安く売られてるのを見つけて、

そうやってだんだんドツボにはまっていったんです(苦笑)

アクセサリ用の金具もお安く売られているので、一緒に購入したりしてね。

そんな流れでガラスドームを使った自作アクセサリーの写真を見かけて、

「きゃあカワイイ!私もやってみたーい☆」と。

もはや泥沼一直線コースですよ~。┐(‘д’)┌

ラダーブレスにも挑戦してみました。

いやー、出来ちゃうもんなんですねえ。(・・。)ゞ ポリポリ…

ネットには作り方のブログや動画がたくさんアップされてますから、それらを参考にすればいいんですもんね。

できちゃうもんなんですねえ、ホントに。

とまあ、こんな感じでブログを更新していない間、アクセ作りにハマってました。

おかげで楽天のランクもプラチナへと昇進したのでありました。

通常はブロンズとシルバーを行ったり来たりしてますから、どんだけ買い物しまくったかってことですよ。

で、最近はめっぽう寒くなりましたので、編み物に舞い戻ってきてます。

 

趣味はクロスステッチだけだったのに、いまじゃ編み物、アクセ作りと増えてきました。

いやあ、充実してるなー♪

しかしその分、お金がかかるんですよね。

趣味ってのは本当にお金がかかるものなんですねえ。( ー´дー` )=3 ハァ

 

=================

※以下はダラダラと愚痴を綴ってるような内容で、私が溜めたくなくて吐き出したいがために綴っているようなものです。読むのは…オススメしません。
それに、打ってるうちに頭ン中ごちゃごちゃしてナニを言いたいのかよく分からんくなってきてますので、本当に読むのはオススメしません。
そして打ち疲れたので、修正とか訂正とか面倒なのでしません。もう投げた(笑)

 

《個人的なこと》

先月、義父が亡くなりました。

突然死でした。

以前ブログで介護について愚痴を吐いたんですけど、いつだったかな?

あれから認知症も進み、デイサービスに通うようになっていた義父。

事前に2箇所のデイサービスへお試しに行った時には「ああいう所は嫌いだ」と憤慨したように言ってましたけど、認知症も進んでいましたし、誘導すればデイサービスに通ってくれるので、素知らぬ顔で行かせていました。

「お義父さん、迎えが来たよ、支度して行かなきゃ!」

「おお、そうか。この服で寒くないか?」

こんな感じで義父も何の疑問も持たずに通っていました(笑)

そうして通い続けたお陰か、認知症の症状の改善は余り無いようでしたが、以前の覇気が戻ってきたように感じられました。

主人も「元に戻ってきたな」と言っていました。

主人の言う「元」は過去のどの時点のことなのかと思いましたけど。

だって、盗み食いがまた勃発してましたから。ゴゴ( º言º )ゴゴゴ…

義父の認知症は家にこもるようになったのが最初で、それから朝昼夕食を食べたのにもかかわらず、冷蔵庫の中の物を漁って食べたりしだし、呂律が回らなくなって会話が困難になり、そのうち老化と運動不足も手伝ってトイレと風呂が困難になり始めてきてました。

そんな夏の頃、熱中症で救急車に運ばれて即入院。

実はその時、入院が有難かった。我が家は主人は持病で、私は身体(下肢)の障害で介護が多少困難な状態にあるので、看病も十分にできないと思ったんです。だから有り難いと。

入院先の病院で、義父は入院初日から家に帰ろうと院内を徘徊をしだしたので、病院側も私達もこりゃタマランと介護認定を受ける運びとなりました。

私は去年から介護認定受けてもらおうってダンナに促してたんですけど、ダンナは父親の気持ちを考えたんでしょうかね?この時まで何もしようとはしませんでした。

私はストレスで爆発しそうでした。介護認定受けなきゃ私たちに介護の負担がかかるんじゃー!って。ブログで愚痴ったのはこの頃だったでしょうか。

そして退院後に介護認定を受け、結果は要介護1。デイサービスに通える!と、わたしゃ内心小躍りしましたよ。

そうしてデイサービスに通っているうちに義父に覇気が戻ってきたねって話をして、盗み食いも復活して、ここまで元気になっちゃったんかよ~まいったな~と旦那と話をしてましたのに…

そんな矢先の突然死でした。

まだ一人で着替えも出来たし、トイレも出来たし、お風呂も促せば入っていたし、食事も介助無しで自分で食べることが出来ていた。

だから私たちは四六時中つきっきりではなく、時々様子見を見るようにしていたんです。いわゆる見守りってやつです。

亡くなった日も昼食を出して1時間10~20分後に様子を見に行ったんです。

そしたらぐったりしていた。

それから救急車を呼び、病院へ運ばれ、死亡確認。

あっという間でした。

現在は通夜、葬式と滞りなく済ませることができ、年内に四十九日法要を済ませる予定です。

それが終わったら来年は初盆があって、一周忌をやって、一息ついて三回忌がくる。

こうやって亡くなった人を送り出すんだねって主人と話をしてます。

忙しさが主人の心を癒やしてくれるんだろうなあ。私はそれほどでもないけど。※注:鬼嫁です。

しかし親の死というのは、死後の手続きが色々とあるものなんですねえ。

葬儀の際には葬儀屋と打ち合わせをして、役所に死亡届を出したり火葬許可証を取りに行ったり(霊柩車も役所のを借りました)。

葬儀が終われば年金ストップして、世帯主が変わったから健康保険の手続きとかもして、電気・ガス・上下水道の名義変更とか、新聞取ってるならそれも名義変更したり、遺産相続のこともやらなきゃいけなくなります。

なんかもう、「葬式が終わったら初盆、一周忌と、やることあるね」どころじゃありませんよ~。

主人も「また住民票取ってこなくちゃならん」「マイナンバーのあの通知の紙はどこだ!?」とアタフタしてます。

人の死は悲しいけど、今の我が家は混乱の最中です。特に主人が(笑)