カテゴリー: 編み物

赤の Feather and Fan Short Scarf 六

漢数字で6は陸と書くのですね。でもまあ、六でいいや。

さて、そんなことはさておき。

昨日、赤い糸で編んでいた ”Feather and Fan Short Scarf” を無事に編み終えました。\(^o^)/

今日は糸始末をちまちまとやっておりました。
編み始めと編み終わり、糸玉を替える時の糸。あと、極細ウール糸とモヘヤ糸の2本取りなので、一方の糸を取り落とした箇所も2箇所ありましたので、その辺りもチェックして修正?の作業を。

はあぁ~~、肩凝った~~。こういう作業は根を詰めてしまうものですねえ。

あとは水通しをして、ブロッキングで形を整えて、完成ってことになるのかな。
その作業は明日の予定。初挑戦のブロッキング、がんばります。ドキドキドキ

残り糸です。
アーバンは15gくらい、モヘヤ糸のユリカは5gもありませんでした。

あ、家のアナログスケール、目盛りが5g単位なんです。(・・。)ゞ ポリポリ

40gの毛糸を4玉使い、残りが15g前後、じゃあショールは何g?
と思って量ったら、ショールは130gも無いくらいでした。

・・・・・・計算、合わなくね?(;・∀・) アラー?

まあ、おおよそですから!(焦)
きっとモヘヤがふわふわすぎるんですよ!

…と、モヘヤのせいにしておきますね( ˘ω˘)スッ

※ 追記:モヘヤ糸のユリカはひと玉30gでした。なので計算は合ってました。失礼しました―!(。≧ω≦)ノ

そのモヘヤ糸の残りですが、紙の糸巻きに巻いておきました。

セリアで見かけてつい買ってしまった紙の糸巻きを2枚、両面テープで貼り合わせてあります。
それにふんわり巻きつけるんです。糸情報は糸巻きに書き込めばいいし。

刺繍糸以外を巻いたのは初めてです。モヘヤのふわふわがカワイイですよ。

編み終わった時、ショールを試しに羽織ってみましたけど、うん、赤もなかなか良いですね。
モヘヤの芯の糸が黒なので、アーバンの赤が一段暗くなったような仕上がりです。
真紅とでも言いましょうか? ステキな大人の赤い色です。

そして羽織ればとても軽くて暖かい。ホントにね、じんわり暖かくなってくるんです。

友人もきっと喜んでくれることでしょう。( +・`ー・´)b ←なぜかドヤ顔

軽くても暖かいショール、良いですね。自分用に編んじゃおうかなあ。(*´ω`*)