サイコロ型ピンクッション

今日はTSUNAMIサンプラーの続きを刺す予定でいたのですが、

気が変わってピンクッションを作りました。

刺しゅうは丁度昨日刺し終えたところだし。

カタチは先日作った道具箱にぴったりハマるよう、サイコロ型に決定です。

サイコロと言っても、道具箱に合わせた高さにしましたから、平たいサイコロ型ですね。

作り方は意外とメンドクサッ。( ̄⊿ ̄;)

※自己流作り方はこちら(↓)

 

まずは布をつなぎ合わせます。

ミシンでカタカタ縫った方が早いのでしょうけど、ミシンの調子が悪く、手縫いです。

最初、縫い針を使ってましたが、指に刺さると痛いので( ̄▽ ̄;) 、途中からクロスステッチ針に変えました。

あまりにも「いたっ」、「いってー」と騒ぐので、ダンナサマに「五月蝿い」と注意されました。

ホントは私、裁縫は苦手なんです~。σ( ̄  ̄〃)

つなぎ合わせたら、表にひっくり返します。

こちらのリースが上、ていうか表のつもり。

下、ていうか裏はイニシャルにしました。

以前作った赤い豚さんのピンクッションの時も、裏はイニシャルにしたっけな~。

自分に進歩を感じない・・・・・・。orz

あ、そうそう。上と下は刺しゅうを施したリネン、周りは布箱の余り布を使ってます。

全部の面が刺しゅうだったら、図案によっては面白いのができますね。

綿を詰めます。

写真は、一旦詰めた綿をきれいなサイコロ型になってくれないので取り出したところ。

割りと使うんだな~。

ナイロン綿を使ってますが、ホントはどんな綿がピンクッション向きなのでしょうね?

何とか詰め終わりました。

が、カタチに納得してません。

でも、道具箱にピタッと収まりました。

形がキレイじゃなくても、まぁいっか。

イニシャルを上にするとこんな感じ。

上と下、表と裏、一応決めてはいたけど、そんなの関係ないですね。

気分次第でどちらを上にしてもオッケーってことで。

ダンナサマにピンクッションが出来た時点で見せたら、

「何の印籠だ」

・・・って、印籠ってナニよ!?

道具箱にはめて、こうやって使うんだと見せたら、感心してくれました。

へへん♪ <得意げ

明日からチクチクが楽しくなりそうです。

“サイコロ型ピンクッション”へのコメント2

  1. ご主人のコメントに笑ってしまいました。
    (何てエレガントな印籠!)

    手縫いご苦労様でした。
    とても手の込んだ道具箱で素晴らしいです。
    まだまだ進化しそうですね。
    私も見習わなくては。

    goose Reply:

    >kiyoさん
    印籠ですよ、印籠。家紋じゃないし。(笑)
    手縫いは針に泣かされました。
    チクッと刺す→血がポツッと出る→指をチューチュー吸う。
    口に広がる鉄の味の香り高いことといったら。
    ちょっと気持ち悪くなりました。(ー”ー;)

    道具箱は自分用に進化してくれて、なかなか楽しいし、愛着もわきますね。
    でも、もう必要と思われるモノがないです。
    残念ながらこれ以上進化しないかも~。

コメントは終了しました。